秋のジーバ特集

秋のジーバ特集

9

里山びと物語 _川上純さん「農業を営む、ということ」

  • 57才でサラリーマンからプルーン栽培農家に転身した川上純さんに、果樹園経営や里山暮らしの実際を語っていただく会

  • 2018年9月2日(日)開催

  • 詳しくはこちら(内容説明/参加申込み書): 2018年は終了しました。2019年をお楽しみに!

 

【内容】佐久穂町こどもセンター(旧・中央小学校)で午後1時半に集合(JR小海線・海瀬駅から徒歩3分) → 茂来山の裾野にある川上さんのプルーン園に移動 → オリエンテーションの後、収穫他プルーンに関する作業を約40分体験します  → 作業後、プルーン畑で、川上さんを囲みお茶の時間 → 午後3時半頃、集合場所に戻り解散

就農のためIターンした川上さん。農業で出会った様々な体験や想いを、都会でのサラ―リーマン時代の視点も併せて語っていただきます。内容例、「農業は一生、サラリーマンは一時」、「奥さんが営業部長」、「田舎は忙しい」等。

 

9

高原の果実! ジーバの畑でプルーン収穫

  • 2018年9月 

  • 詳しくはこちら(内容説明/参加申込み書): 2018年は終了しました。2019年をお楽しみに!

  • これまでの活動の様子

【内容】 午前9時に佐久穂町こどもセンター(旧・中央小)で集合 → ジーバの畑でプルーンを収穫させていただきます → 収穫後、プルーンジャムをヨーグルトに添えて食べましょう → 午前11時半頃、現地解散 ※お持帰りプルーン1パック(420g)付き ※品種は、サンプルーンを予定しておりますが、生育の状況によっては別の品種に変更させていただきます。

10

ツツジや山野草を訪ねて

ネイチャーガイドと紅葉の白樺林を散策!

  • 2018年10月5日(金)開催予定

  • 詳しくはこちら(内容説明/参加申込み書): 2018年は終了しました。2019年をお楽しみに!

  • これまでの活動の様子

at_sec02_ph01                   

【内容】 八千穂高原・自然園で集合 → ネイチャーガイドの上原さんと紅葉や山野草を訪ねて自然園(或いは八千穂レイク付近)を散策 → 自然園内のロッジ八ヶ嶺で山女魚の丼のランチ → 現地解散  

10

北八ヶ岳山麓、ジーバ共和国の畑

花豆を収穫し、美味しい煮豆をつくりましょう!

  • 2018年10月下旬 開催予定

  • 詳しくはこちら(内容説明/参加申込み書): 2018年は終了しました。2019年をお楽しみに!

【内容】午後1時30分に「やちほ夢の森」で集合 → 標高900mのジーバ共和国の畑で花豆を収穫 → 近くの施設に移動し花豆を煮豆に。ホットケーキにも入れて食べましょう → 午後4時頃、現地解散  ※お持ち帰り用花豆200gつき

11

「あそこの野沢菜は美味しい」と噂の 三石さんちの野沢菜漬け講座 

 

  • 2018年11月23日(金・祝)開催

  • 【参加費】1樽(野沢菜5kg)2000円(発送料別途) 先着順で5樽限定とさせていただきます。

    詳しくはこちら(内容説明/参加申込みについて): ご案内チラシ

【内 容】13時に大日向4区公民館に集合 (住所:長野県南佐久郡佐久穂町大字大日向4170 )
 ※電車でお越しの場合は海瀬駅まで送迎します。
集合→三石さんの畑で野沢菜収穫→洗い→仕込 み→公民館でお茶タイム→15 時半目途に解散 

 集落の住人からも「あそこの野沢菜は美味しい」と噂の三石家。 その秘密は、丹精込めて育てた野沢菜と、秋の恵みたっぷりのこだわりのレシピ。今年はジーバ初の試みとして、みんなで1樽漬け込み12月に5kgお配りします。さくほの寒さで旨味を増す野沢菜漬け、樽の中でおいしさを育ててみませんか?

11

大日向交流会

  • 大日向地区の皆さんを対象にした晩秋のイベント。2018年11月25日、来春むけに開校準備中の学校をステージに開催準備中です。

  • これまでの開催の様子

収穫祭_会場収穫祭 モチつき

12

冬のおこっつぉ、大根やカブ

冬根菜の美味しい漬け物を教わる!

  • 2018年12月に向け企画中

  • 詳しくはこちら(内容説明/参加申込み書): (準備中)

【内容】:午後1時30分にJR 小海線・八千穂駅で集合 → ばぁちゃんの畑で大根等の冬野菜を収穫 → 駅に隣接する加工場で漬け物作りを教わります → 午後3時半頃、現地解散


上記は全て、佐久穂町での現地集合です。集合場所までの旅費は参加費に含まれません。
内容はお断りなく変更させていただく事があります。最新の内容はお申込み時にお問合せの上ご確認ください。

▲PageTop

Copyright © 2018 Shinshu-Minami Saku Tourism Bureau All Rights Reserved.