春のジーバ特集

春のジーバ特集

4

ジーバ共和国の畑で育った大豆と町の糀(こうじ)屋さんの糀で つくる

手前みそ講座

 

  • 毎年3月末~4月初旬に土曜日か日曜日に開催しています。

  • 詳しくはこちら(内容説明/参加申込み書):  2019年の活動は終了しました。また来年をお楽しみに。

  • これまでの活動の様子

sec01_ph01 【内容】佐久穂町の暮らしの達人のもとに遊びに行くと、誇らしげにみせてくれる「手前味噌」。大豆の種類、糀の割合、塩分濃度、各家の伝統とプライドが垣間見える味噌づくり。今回は標高1000mにあるジーバ共和国の畑で育った旨みたっぷりの大豆「なかせんなり」と佐久穂町の山本屋糀店の糀をあわせて、信州味噌を醸します。ランチには「その発想はなかった!」と驚愕の「超☆ローカル飯」を作りましょう。午前10時30分に生涯学習館「花の郷・茂来館」に集合し、午後2時頃終了予定です。

5

春の訪れを告げる 大石花ももの里

  • 2019年「佐久穂町花もも祭り」は、5月4日(土)に「やちほ夢の森」を会場に開催されました。また来年をお楽しみに。

sp_sec03_ph03【内容】 佐久穂町の中心を通る国道141号を清水町交差点から国道299号を八千穂高原方面に入ります。少し行ったところから大石地区にかけての国道沿いに、毎年花ももの樹が赤、白、ピンクのかわいい花を咲かせます。大石地区では、昔から庭木として愛でられてきた花ももで地区の人々の心に残る集落景観を整備し、道行く人々にも楽しんでもらおうと8年ほど前から植樹を始め、1年を通して花壇の整備、国道の草刈りや清掃に取組んでいます。

5

岩石、植物の宝庫/古谷渓谷 石や木に詳しいジーバと<春の地学ハイキング>

sp_sec05_ph01

【内容】佐久穂町こどもセンター(旧・中央小学校)で午前10時00分に集合(JR小海線・海瀬駅から徒歩3分) → 岩石や植物のボランティアガイドをつとめる佐々木泰久さんと古谷渓谷を散策 → 白亜紀の貝等の化石を探します → 軽食をとったあと午後1時頃、現地解散  ※古谷渓谷で、古くから保存良好な化石を産することで知られる石堂、抜井川源流の乙女の滝、滝つぼや急流の侵食で形成された臼石等を巡るコースです。


上記は全て、佐久穂町での現地集合です。集合場所までの旅費は参加費に含まれません。
内容はお断りなく変更させていただく事があります。最新の内容はお申込み時にお問合せの上ご確認ください。

▲PageTop

Copyright © 2018 Shinshu-Minami Saku Tourism Bureau All Rights Reserved.